« 春のおどり(OSK '85) | トップページ | 雪組エリザベート新公 »

「シルフィー」

実はTHEATRE 1010に行くのは初めて。なぜか北千住って遠いイメージがあるんですが意外と近かった。駅の周囲はビルが建ち並んでいて見通しはよくないですね。劇場は丸井の11階にあるのがかえってちょっと分かりにくかったりもします。

今回のお目当てはもちろん宝塚歌劇団・月組の春咲ころんちゃんです。宝塚は下級生だとどんなに実力があっても抜擢されることはほとんどない劇団です(それだけ序列が大切にされる劇団ということ)。彼女の同期生に知り合いがいるのでわりと馴染み深い期の生徒さんではあるのですが、これまで顔と名前を知っている程度でした。

彼女の出番はそれほど多くはなかったですが、さすがの存在感と歌唱力。こんなに歌えて可愛い娘役が月組の下級生にいるとはっ!(踊るシーンはなかったのでダンスの実力は分かりませんでしたが) 恐るべき91期!ですね。外の舞台でも十分に通用する実力だと思います。

作品自体は命の大切さ、人は孤独じゃないんだということをストレートに訴える分かりやすいものでした(劇団四季の子どもミュージカルのテーマや雰囲気に近い)。メインストーリーは単純ですが、いろいろとおかずがあって面白い脚本です。今回はメインキャストをプロで固めていて、しかもそれぞれとても個性的な面々で、演技も楽しめました。

市民ミュージカル(から派生したらしいですが)だからと言って侮るなかれ。見応えのある作品でした。

|

« 春のおどり(OSK '85) | トップページ | 雪組エリザベート新公 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1374/14952367

この記事へのトラックバック一覧です: 「シルフィー」:

« 春のおどり(OSK '85) | トップページ | 雪組エリザベート新公 »