« 「シルフィー」 | トップページ | 絢爛とか爛漫とか(モガ版) »

雪組エリザベート新公

作品としてはきっちりまとまってましたが、課題がいっぱい、というところ。

沙央トートは研7の貫禄もあったし歌もまた上達したようです。水さんの役作りと違って人間に近い感じのトートだったかな。大月シシィはまだ歌を歌うことに精一杯という感じで、まるでシシィ本人のように自分だけで突っ走ってました(相手を見て演技しないといけないのに)。歌も音程が微妙に怪しいです。第1幕はまだまだの出来ではありましたが、第2幕は出来はよかった。大凪フランツはとてもうまかったですし、大湖ルキーニも軽妙でよかった。

晴華ゾフィは第1幕は貫禄不足だし、「強く〜厳しく〜」の音量が小さすぎてよく聞こえなかった。でも第2幕の出来はよく、横目で睨んだ時の迫力はものすごくて怖かった(笑)。純矢ヴォルフも本役に負けず劣らずのみごとな出来でした(もうちょっと淫らさが欲しかったけど)。

ミルクは迫力なかったのが残念。出演者が少ないからというわけではないと思う。本公演の初日の頃のように大人しいミルクだった。

儲け物だったのが黒天使軍団で(ハローダンシングメンバー主体の実力派揃い)、娘役が多いのに全然見劣りするところがなかった。あゆみちゃん(沙月愛奈)はめちゃカッコよかったです。

|

« 「シルフィー」 | トップページ | 絢爛とか爛漫とか(モガ版) »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪組エリザベート新公:

« 「シルフィー」 | トップページ | 絢爛とか爛漫とか(モガ版) »